診療科目

神経科

  • 犬の認知症について

    近年、動物医療の高度医療化に伴って「犬の認知機能障害(認知症)」が増えています。
    加齢に伴って脳の機能は衰えますが、認知症の場合は正常な加齢の範囲を超えて認知機能が低下します。
    犬では認知機能不全の危険因子がいくつか報告されており、犬種や低品質な食餌、特発性てんかんがある場合にリスクが高まります。

    全部読む

  • てんかん発作

    てんかんとは、神経病の中で最も身近な疾患です。
    日本国内でも飼育頭数の多い、トイプードルやチワワ、ダックスフンドは「てんかん」が多い犬種として知られています。

    全部読む

ページの先頭に戻る