診療科目

副腎疾患

  • フェレット の尿路変更術

    雄のフェレット はホルモン疾患の関連性疾患で前立腺肥大や尿道閉塞に罹患し易くなります。
    尿閉の再発を繰り返す症例は外科的な介入が必要となります。

    全部読む

  • フェレットの副腎疾患

    フェレットの副腎疾患は、リンパ腫やインスリノーマと並んで頻度の高い腫瘍性疾患であり、我々の診療でもしばしば遭遇する疾患です。副腎皮質に生じた過形成、腺腫、腺癌などから分泌される性ステロイドホルモンの影響で、脱毛や雌の陰部腫脹、雄の前立腺肥大など、特徴的な臨床症状が発現します。本疾患に関する文献は多くありませんが、診断されるフェレットの平均年齢は3.4歳齢で、中性化された個体で罹患率が高い傾向にあると報告されております。
    フェレット副腎疾患の外貌.png
    「雄のフェレットの副腎疾患の外貌写真」

    全部読む

  • 前立腺肥大・前立腺嚢胞について(副腎腫瘍の併発疾患)

    雄のフェレットは副腎腺腫や副腎腫瘍の影響により、前立腺肥大、前立腺嚢胞を併発し、しばしば問題となります。

    全部読む

  • 副腎皮質腺癌

    (症例1)フェレット 去勢雄 5歳 副腎皮質腺癌
    背部の脱毛と排尿時の力みを主訴に来院されました。
    DSC05873.JPG

    全部読む

ページの先頭に戻る