診療科目

犬・猫

  • 猫の鼻腺癌の治療

    前頭洞切開と超音波吸引を実施した猫の鼻腺癌の1例.006.jpeg
    猫の鼻腺癌の外科治療術前・術後比較
    鼻腔症状に注目してください。
    現状の獣医医療では仮に放射線治療を行なっても根治治療ではありません。
    本症例もあくまで緩和治療ですが、既存の報告よりも長期間生存することができました。


    前頭洞切開と超音波吸引を実施した猫の鼻腺癌の1例.003.jpeg
    「現状では猫の鼻腺癌のMST(生存期間の中央値)は放射線治療を行なっても382-450日程度と報告されております」


    前頭洞切開と超音波吸引を実施した猫の鼻腺癌の1例.017.jpeg
    前頭洞切開と超音波吸引を実施した猫の鼻腺癌の1例.023.jpeg


    出浦知也:2020年度 日本獣医麻酔外科学会 オンライン学術集会 前頭洞切開と超音波吸引を実施した猫の鼻腺癌の1例

ページの先頭に戻る