診療科目

犬・猫

  • 犬の中等度型リンパ腫について

    犬のリンパ腫の分類の1つとして、細胞診と免疫表現型で分類する新Kiel分類が知られております。
    この分類では、
    1.高悪性度リンパ腫(High grade LSA)
    2.低悪性度リンパ腫(Low grade LSA)

    それぞれ
    B細胞
    T 細胞


    に分類されてきました。近年では中等度型リンパ腫と分類される「低悪性度な挙動をとる可能性がありますが、高悪性度の挙動を呈する」症例も目にするようになりました。

    中等度型リンパ腫FNA.png
    「犬の中等度型リンパ腫の細胞診所見」
    LSAプードル.JPGのサムネール画像
    「診断時14歳のトイプードル」
    治療開始後約2年半の UW25(CHOP療法)を実施し完全寛解後無治療で2年経過の症例

    2020/05/25

ページの先頭に戻る