診療科目

犬・猫

  • スケーリング後の予防歯科について

    アメリカ歯科学会、国内の歯科研究会では犬の歯石除去(スケーリング)を行うにあたって、麻酔下での処置を推奨しております。
    しかし、実際の臨床現場では麻酔下で適切なスケーリング処置を行ったにもかかわらず、処置後、数年後で(早ければ6ヶ月程で)歯石の付着を経験してしまうのが現状と考えられるでしょう。


    <獣医歯科医療の問題点>


    ①5歳齢以上の犬猫の50%(特定犬種では3歳以上の8割)が歯周病に罹患している
    ①適切な歯科処置(スケーリング)を受けてもケアをしなければ2〜5日後に歯石が付着し始める。
    ②7割の飼い主は犬、猫が嫌がることを理由にデンタルケアを中止している。


    デンタルバイオ資料1.png
    「資料提供:共立製薬」
    デンタルバイオ3.jpg
    「デンタルバイオ」
    デンタルバイオ資料2.png
    「資料提供:共立製薬」


    <予防歯科>
    犬の予防歯科でどの獣医師も肯定的な処置は「日々のはみがき」です。
    しかし、実際には犬が歯磨きを許容しない場合や、数日に1回〜週に1回程度の「はみがき」しか行えないのが現状と思われます。
    現状当院では


    1.歯科処置(スケーリング)
    2.歯磨き
    3.デンタルバイオ
    という順番で歯科治療(予防)を推奨しております。
    今後エビデンスレベルのより高い治療法、予防法があればアップデードしていく予定です。



    infovets No193.2018
    CAP august.2017

    2019/12/25

ページの先頭に戻る