診療科目

犬・猫

  • 猫の心筋症

    猫の心筋症は一般に胸部の超音波検査や胸部X線検査で診断されます。
    人の心筋症の定義が

    1.「心筋症はしばしば心室の肥大 や拡張を示す機械的および・または電気生理学的機能異常を伴う一群の疾患である」


    2.「その原因は多岐にわたるがしばしば遺伝性である。心臓死や心不全の原因となりうる」
    とされ、病変が心臓にある心臓原発性と全身疾患(ホルモンや血圧などの基礎疾患)による心病変である二次性心筋症に大別しております。

    獣医領域でも同様の解釈であり、診断はX線検査や心エコー図検査により診断が可能となっております。

    猫の心拡大.jpg
    「当院で心筋症と診断された猫のX線」


    猫心筋症エコー検査所見.jpg
    「当院で心筋症と診断された猫の心エコー図画像」


    また、猫の心疾患は実際の罹患率より低く報告されている可能性があります。米国では、健康にみえる猫のうち16%が心筋症をもっていた一方、肥大型心筋症をもつ猫の約3割にしか雑音が聴取されなかったという調査結果の報告もあります。
    また犬に比較して、猫の心疾患における画像検査の感度・特異性はあまり高いとはいえず、早期診断が難しいのが現状です。

    Cardiopet proBNP®はこのような猫の早期の心疾患の診断における有用性が指摘されています。
    猫Cardio BMP.jpg
    ※IDEXXホームページより引用


    心筋症が疑わしい猫や猫種(主に洋猫)に対しては診断の一助となるかもしれません。


    治療に関しては臨床兆候が認められる症例に関してはピモベンダンの経口投与は有意に生存期間を延長すると報告されており肺水腫などの臨床兆候の認められてる症例にACE阻害薬や利尿剤の投与を選択する機会も増えております。
    また、左心房の拡大の顕著な症例に対しては血栓形成リスクを考慮してクロピトグレルの投与も検討が必要と考えます。


    References:
    1. Oyama MA, Fox PR, Rush JE, Rozanski EA, Lesser M.Clinical utility of serum N-terminal pro-B-type natriuretic peptide concentration for identifying cardiac disease dogs and assessing disease severity.JAVMA. 2008; 232(10): 1496.1503.
    2. Paige CF, Abbott JA, Pyle RL, Elvinger F. Prevalence of cardiomyopathy in apparently healthy cats.JAVMA 2009; 234(11): 1398
    3. Connolly DJ, Soares Magalhaes RJ, Syme HM, Boswood A, Fuentes VL, Chu L, Metcalf M.Circulating natriuretic peptides in cats with heart disease.J Vet Intern Med. 2008; 22(3): 96.105
    4. Fox PR, Oyama MA, MacDonald K, Reynolds CA,Assessment of NTproBNP concentration in asymptomatic cats with cardiomyopathy[ACVIM Abstract 191].J Vet Intern Med. 2009; 22(3): 759.
    5. Fox PR, J.E. Rush, C.A. Reynolds, et.al. Multicenter Evaluation of Plasma N-Terminal Probrain Natriuretic Peptide(NT-proBNP) as a Biochemical Screening Test for Asymptomatic (occult) Cardiomyopathy in Cats. J Vet Intern Med. 2011; 25: 1010-1016
    6. Newman S, Steiner J, Woosley K, et al. Localization of pancreatic inflammation and necrosis in dogs. J Vet Intern Med. 2004; 18(4); 488-493
    7. De Cook HE, Forman MA, Farver TB, Marks SL. Prevalence and histopathologic characteristics of pancreatitis in cats. Vet Pathol. 2007; 44(1): 39-49
    8.Reina-Doreste Y,Stern JA Keene BW,et al.Case-control study of the effects of pimobendan on survival time in cats with hypertrophic cardiomyopathy and congestive heart failure


    2020/8/26

ページの先頭に戻る