診療科目

皮膚科

  • 皮膚科診療

    ふく動物病院では皮膚科診療にも力を入れております。

    皮膚病は新しい治療法や薬の登場があまりない分野です。 それゆえ、診断にたどり着き、満足な治療結果が得られるまでは経験が重要な分野でもあります。 ふく動物病院では経験に基づき必要な検査を選択しています。診断にたどり着き、治療が成功するまでの期間を短くすることが重要と考えています。

    従来は感染症が多かった皮膚病ですが、近年アトピーや高脂血症や脂漏症などの体質が原因で発生する皮膚病が多く見られます。そういった症例では生涯にわたる治療やケアが必要です。 診断治療のヒントは日常の生活習慣の中に隠れていることが多く、オーナー様との会話の中から見つかることがほとんどです。また、治療のゴールをどこにもうけるかにより治療内容は異なります。そのため獣医師とオーナー様とのコミュニケーションを重要視した皮膚病の治療に臨んでいます。


    院長 出浦知也

    息子、娘がアトピー性皮膚炎ですので、科学的根拠に基づいた医療を心がけております。 10年前と比べて、獣医領域の皮膚病の診断と治療に対する認識が変わりました。 現在議論のある治療や検査もありますので、利点欠点を明確にして治療を行いたいと思っております。

    2019/06/01 で

ページの先頭に戻る