診療科目

循環器科

  • 犬の僧帽弁閉鎖不全症 (myxomatous mitral valve disease)

    犬の心臓は主に4つの部屋(左心房・左心室・右心房・右心室)から形成され、そのうち左心房と左心室を隔てる扉を「僧帽弁」と呼びます。

    僧帽弁閉鎖不全症(僧房弁粘液腫様変性)は、犬で最も一般的な心疾患とされ、咳、呼吸困難、失神、肺水腫と言った深刻な状態になることもある為、まずその病態把握が重要と考えられます。

    全部読む

  • 猫の心筋症

    猫の心筋症は一般に胸部の超音波検査や胸部X線検査で診断されます。
    人の心筋症の定義が

    1.「心筋症はしばしば心室の肥大 や拡張を示す機械的および・または電気生理学的機能異常を伴う一群の疾患である」


    2.「その原因は多岐にわたるがしばしば遺伝性である。心臓死や心不全の原因となりうる」
    とされ、病変が心臓にある心臓原発性と全身疾患(ホルモンや血圧などの基礎疾患)による心病変である二次性心筋症に大別しております。

    獣医領域でも同様の解釈であり、診断はX線検査や心エコー図検査により診断が可能となっております。

    全部読む

  • 犬・猫の血圧について

    高血圧とは、血圧が一定の基準を超えて高い状態、すなわち血圧の亢進状態を指します。

    全部読む

  • 肺高血圧症(Pulmonary Hypertension)

    現在の小動物臨床現場において、犬と猫においても肺高血圧症は比較的頻繁に遭遇する病態となってきております。
    小動物臨床における心エコー装置の普及に伴い、肺高血圧症の臨床診断が可能な施設が増え、検出力の向上していることも1つの理由とも言われております。

    全部読む

  • 循環器科診療

    ふく動物病院では循環器診療にも力を入れております。

    犬、猫の循環器疾患でお悩みの症例はお気軽にご相談ください。
    各種検査から総合診断、治療を通じ、より良い生活へのご案内をさせていただきます。


    全部読む

ページの先頭に戻る