みゅうのたわごと

    • 2022
    • 9月
    • 13

    カスハラ注意勧告!受付スタッフへの対応について

    「一定の飼い主さんの中で、受付スタッフへの対応(電話対応も含め)が横柄な方、無理な要求をされる方が見受けられます」

    昨今カスハラという言葉が世の中で認知されてきておりますが、残念ながら、当院の医療関係者(特に獣医師ではないスタッフ)にもカスハラ被害が散見されます。

    以前から、個別の案件にはついて、私はある程度把握しております。

    当院スタッフ間でも電子カルテにて共有しております。
    皆さん知らないと思っていると思いますので告知します。

    ここ数年我慢しておりましたが、限界なので告知します。
    特に清田先生の症例の飼い主さんに多くみられます。
    (清田先生がやさしいからかも)

    当院では「飼い主様」という表現を止めました。
    それは「飼い主さん」と、スタッフはイーブンの関係であるべきと考えます。

    どちらが「偉い(様)」とか「偉くない」ではなく、
    動物の為に二人三脚で協力する必要があるからです。

    獣医師も人間ですから体調不良になる時もあります。
    なるべくご迷惑をおかけしないために電話でご連絡をしておりますが、体調のことなので善処するにも限界があります。
    (いつ復帰できるか未定ですし)あまり無理を言わないでください。

    不満は組織の弱者ではなく、院長宛に直接連絡してください。
    ※受付、電話、の話し方、特に気をつけてください。

    <追伸>
    激励ありがとうございます!
    元気に頑張ります!
    激励.JPG


    院長

     

    2022.09.13

ページの先頭に戻る